【お役立ち情報】とんかつと言えば「ロース」と「ヒレ」。何が違うの?どっちがおすすめ?

・結局おすすめはロース?ヒレ?どっちなの!?

ロースかつの特徴

・なんと言っても脂身がうまい
・脂身ぎとぎと!と注文するほど、脂身好きな方も
・肉質は上質で柔らか
・生肉は約260キロcal、とんかつにすると約340キロcal /100gあたり

ヒレかつの特徴

・脂身がほとんどない
・筋肉だが動かさない部位なのでとっても柔らか
・豚肉の旨味がギュッと味わえる
・生肉は約120キロcal、とんかつにすると約300キロcal /100gあたり

はい、もう結論から申し上げます。

あなたのお好みで選んでください!

おーい、結局そこか~い

でもですね、「お好みでどうぞ~」と言うのにも理由があるんですよ。

栄養価で見ると、ロース肉もヒレ肉も突出して多いのがビタミンB類なんです。

中でもずば抜けているのがビタミンB1なんですね。牛さんよりも鶏さんよりも圧倒的に多いのですよ。
※含有量についてはコチラのサイトを参考にさせていただきました。


Q1:運動すると疲れますよね。勉強すると頭が疲れますよね。体力の疲れも、頭の疲れにもドンピシャで効く栄養分ってなんでしょう。

A1:上質な糖分です!


Q2:上質な糖分って色々な食材に含まれていますが、代表的なものはなんでしょう?

A2:お米なんです!


Q3:では上質な糖分を効率よく体に運んでくれるものは何でしょう?

A3:それがビタミンB1なんです!


ビタミンB1が不足すると疲れやすくなったりします。ですからビタミンB1を多く含む豚肉と、ご飯は抜群の相性なんですね♪

ここからは個人的な好みの話ですけど、良く「ロース肉の脂身は太っちゃう~」という話もちらほら聞きますが・・・

実はですね、この脂身にもビタミンB類や、オレイン酸やステアリン酸などが多く含まれます。

オレイン酸は生活習慣病予防の効果があったり、肌荒れなどにも効果があるようです。

ステアリン酸は、飽和脂肪酸の一種です。善玉コレステロールを増やしてくれたりします。

もちろん、食べすぎは良くありませんが、適度に食べるならば、個人的には・・・

ロースかつをおすすめしますね♪

写真は当店の人気No3、筑波山もち豚ロースかつです。筑波山のふもとで、生産者を指定し飼料などにこだわって作った、脂身がとっても美味しい豚さんです♪

あ・・・
でも、どうしてとんかつ屋さんのとんかつは、「ロース肉」と「ヒレ肉」しかないんだろう?どうして、モモ肉かつや、バラ肉かつ、ウデ肉かつなどはないの?また次のブログまでに色々調べてみようっと。


~とんかつを通じて、皆様が喜ぶことに色々チャレンジしていきます~

ロースとヒレの違い
クックファン情報をゲット!
>もう『とんかつ』は揚げなくて良いんです

もう『とんかつ』は揚げなくて良いんです

コロナで来店客激減。そんな状況でも皆さんに美味しいとんかつを食べてもらいたい。
【電子レンジとフライパン等があれば超簡単】にお店のとんかつが出来る。
それが「サクッと楽ちん冷凍とんかつ」
◎おうちのご飯を作っている皆さんのお役にたちたい
◎共働きや単身でがんばってる皆さんのお役にたちたい
◎なかなか外食行けないおじいちゃん、おばあちゃん達のお役にたちたい
◎育ち盛りのお子さんに美味いとんかつを食べてほしい
そんな皆さんに、2021年2月~2022年1月で7000枚以上ご利用いただきました。
今後も「うまい冷凍とんかつ」を作って参ります。どうぞ宜しくお願いいたします。
良かったら「サクッと楽ちん冷凍とんかつ」通販ページをご覧ください。

CTR IMG