【お役立ち情報】とんかつと言えば「ロース」と「ヒレ」。何が違うの?どっちがおすすめ?

とんかつ屋さんに行くと「今日はエビフライがいい!」と決めて行かない限り、ロースかヒレのどちらかを選ぶ事になると思います。

さて、ぶちゃけ皆さんは

「ロースかつ派?」「ヒレかつ派?」どっち!?

いきなり直球の質問ですね!?

ロースかつ代表「特醸ロースかつ」脂身のノリと赤身のバランスが最高

きめの細かい肉質。脂身は殆ど無い、「ヒレかつ」

今日はそんな「ロース肉」と「ヒレ肉」のお話をしたいと思います。

ロース肉・ヒレ肉あれこれ

・何でロースって言うの?
・ロース肉の特徴

・何でヒレって言うの?
・ヒレ肉の特徴

・カロリーが高いのはどっち?

・結局おすすめはロース?ヒレ?どっちなの!?


・何でロースって言うの?

こちらが、クックファンで使っている国産豚「ロース肉」です。
まだ掃除前(スジなどを切り取る)のものです。

豚さんの肩から背中にかけて採れる部位です。当店では背中側のロースを使用します。1本約5kgもあるんですよ。

何で「ロース」と呼ぶのか言うと、諸説ありますが、英語のRoast(焼き物)が訛って「ロース」となった。コレが私的には一番しっくりきます。

よくあるじゃないですか♪昔々、舶来で来たものが聞き間違えで、そのまま日本語になったものが。

英語の鉄を意味するiron→いつの間にか日本語ではアイロン。ポルトガル語で調理を意味するtempero→天ぷら。などなど。

恐らく、かの先人が、焼いた豚肉がえらい美味しくて、

「これなに?めっちゃうまいやん!なんて肉なの?」

と外人さんに日本語で身振り手振りで聞いて、返ってきた答えで記録したのが「Roast◯◯◯」だったんでしょうね♪うん、きっとそうです。聞き間違いあるある説。

英語で「豚のロース」と訳すとPoke loin(ポークロイン)が一般的なようですが、loinは厳密に言うと、 肩から背中にかけて採れる部位ではないので、私は聞き間違いあるある説を有力視します。

しまった・・・ロースの語源を話すだけで結構長文になってしまいました(笑)失礼!

次のページは「ロース肉の特徴」です!

ロースとヒレの違い
最新情報をチェックしよう!
>もう『とんかつ』は揚げなくて良いんです

もう『とんかつ』は揚げなくて良いんです

コロナで来店客激減。そんな状況から『調理済み冷凍とんかつ』を開発を始めました。
【電子レンジとフライパン等だけで美味しいとんかつを食べてもらいたい】
その後約500名以上の皆さまからご注文を頂き沢山のレビューを頂き、私達の気持ちに変化がおきました
◎おうちのご飯を作っている皆さんのお役にたちたい
◎共働きや単身でがんばってる皆さんのお役にたちたい
◎なかなか外食行けないおじいちゃん、おばあちゃん達のお役にたちたい
◎育ち盛りのお子さんに美味いとんかつを食べてもらいたい
そんな皆さんのお役に立ちたい。そう確信しました。
今後も「うまい冷凍とんかつ」を作って参ります。どうぞ宜しくお願いいたします。
良かったら「調理済み冷凍とんかつ」通販ページをご覧ください。

CTR IMG