【お役立ち情報】とんかつって…和食ですよね?え?違うの!?

「ねえ、今日何食べる?洋食系?和食系?それともエスニック?」
「そうだなー、たまには和食かな。魚よりは今日は肉かな。そうだ!たまには『とんかつ』食べようか!」

なーんて会話が聞こえてきそうですが、そもそもとんかつって何料理なんでしょう(笑)断然和食ってイメージですよね。

今日はそんなお話です。(ここから先は諸説あるお話し+クックファンの勝手な見解も含まれることをご了承くださいませ)

目 次

・とんかつは和食で・す・よ・ね?

豚肉(主にロースとヒレ)にパン粉をつけて、油でじっくり揚げる料理と言えば?
今でこそ普通に「とんかつ」と呼んでますが、なんで「とんかつ」と言うんでしょうね。

「とん」は「豚」とイメージがつきますが、「かつ」って何でしょう。「勝?」「活?」「喝!?」
まぁどれもこじつければそれっぽい意味が生まれるかもしれませんけど、実は全部違うんですね(笑)

とんかつはいつ、どこで出来たのでしょう・・・

昔々・・・と言ってもそんなに昔ではなくて、明治時代頃ある料理がおフランスから伝わってきたようです。その名も『コートレット(cotelette)』

どんな料理かと申しますと仔牛の肉をスライスして、パン粉をつけて、バターなどで炒め焼きする料理です。

コートレットからどうしてとんかつ?って思われるかもしれませんが、この料理は英語読みすると『カットレット(cutlet)』になるんですね♪

お?「かつ」という響きにだんだん近くなってきましたよ♪明治32年頃、このカットレット料理を「牛肉から豚肉」に変更して「ポークカツレツ」にしたのが東京にあるとある洋食屋さんだったんです。
揚げ方は、少量の油で薄切りの豚肉に衣つけて炒めます。今のとんかつのように、たっぷりの油で揚げる。ではないんですね。
そうそう、クックファンでもたまに、「ポークカツレツ(っぽくアレンジした)」なるものをランチで提供してます。

※クックファンのポークカツレツはちょっと肉厚で、デミグラスソースで食べます(常時メニューではありません(^_^;))

えーーー!とんかつって洋食なの!?

まぁまぁ慌てないでください(笑)。


・今のとんかつスタイルになったのは実は最近

今のような厚切りの豚肉をパン粉でまとって油でじっくりとあげて、カットして提供する「とんかつ」の形になって「とんかつ」と呼ばれるようになったのは、これまた東京で有名な洋食屋さんと言われています。おおよそ1900年初頭のお話です。

結局とんかつはやっぱり洋食なんじゃん!

ところが1930年頃から、上野や浅草で急速にとんかつ+白飯+味噌汁+漬物というスタイルが広まっていき、なんとなく和食ジャンルになってきた・・・と推測します。約80年前のお話なんですね。意外と最近だということにびっくりです。


・とんかつソース専用ソースを作ったのはなななんと!?

ポークカツレツ食べられるようになった明治~大正時代、今のようなとんかつソースで食べていたのでしょうか?

色々調べていくと、今とは違う食べ方をしていたことがわかります。

とんかつの前身「ポークカツレツ」の時は、リンゴソースや三杯酢、柑橘系の汁をしぼるなどしていたようです。どんな味がしていたのでしょうね。三杯酢は今度試してみたいですね。酢が油を流してくれるイメージがあります。

これは完全に推測ですけど、恐らく昔の豚肉は質があまり良くなかったのかなと思います。冷蔵庫だって一般的に普及はしてなかったでしょうし、豚肉の飼育方法も今のようにしっかり管理はされてなかったでしょうから。

現在では殆どやりませんが、肉の臭みを消す方法として魚と同じように「酢洗い」がありますからね。

さてさて「とんかつ」は色々な食べ方がありますが、何をつけて食べる?と聞かれたら、恐らく多くの方が「とんかつソース!」と答えますよね?

ソースの話もしはじめると長くなるのでちょっとはしょりますが、一般的にソースの種類は大きく分けて3つ
・ウスターソース(サラサラ&さっぱりスパイシー)
・中濃ソース(スパイシー&まろやか)
・濃厚ソース(フルーティー&まろやかぁ)

地域によってとんかつには色々なソースを使いますしもちろん好みも様々ですが、クックファンでは濃厚ソースを使っています。

「とんかつソース」は一般的にはこの濃厚ソースを指します。この濃厚ソースを「とんかつソース」として日本で最初に開発し販売したのが・・・

オリバーソースさんなんです!

そう、今ではクックファンでも大人気の「どろソース」を作っているオリバーソースさんなんです!

クックファンのポスターにも登場してくれている、オリバーソースの道満さんと松村さんです♪

※ごめん道満さん、勝手に写真ブログにあっぷしちゃいました(笑)

いかんいかん、どろソースのことも語りたくなってもた。どろソースについてはコチラをじっくりとご覧くださいませ!


・まとめ

明治~大正、洋食からはじまったとんかつですが、先人たちが色々工夫を重ねて、今の和食スタイルのとんかつが出来上がりました。私達はその苦労してきた先輩たちの経験と知恵をお借りして商売させていただいてます。

ありがとう先輩のみなさん!

そして、私達はそのとんかつを更に次のステージに進化させようと、調理済みの冷凍とんかつをがんばって作ってます。

明治→大正→昭和→平成→令和と大きく変化してきました。ご家庭でお料理をするスタイルも変化していますよね。

お肉の揚げ物・・・唐揚げ、コロッケ、メンチカツ、はレンチンで色々あれど「とんかつ」だけは殆どない。だから、私達はチャレンジしています。良かったら調理済み冷凍も試してみてくださいね♪

楽天市場はコチラ

~とんかつを通じて、皆様が喜ぶことに色々チャレンジしていきます~

最新情報をチェックしよう!
>もう『とんかつ』は揚げなくて良いんです

もう『とんかつ』は揚げなくて良いんです

コロナで来店客激減。そんな状況から『調理済み冷凍とんかつ』を開発を始めました。
【電子レンジとフライパン等だけで美味しいとんかつを食べてもらいたい】
その後約500名以上の皆さまからご注文を頂き沢山のレビューを頂き、私達の気持ちに変化がおきました
◎おうちのご飯を作っている皆さんのお役にたちたい
◎共働きや単身でがんばってる皆さんのお役にたちたい
◎なかなか外食行けないおじいちゃん、おばあちゃん達のお役にたちたい
◎育ち盛りのお子さんに美味いとんかつを食べてもらいたい
そんな皆さんのお役に立ちたい。そう確信しました。
今後も「うまい冷凍とんかつ」を作って参ります。どうぞ宜しくお願いいたします。
良かったら「調理済み冷凍とんかつ」通販ページをご覧ください。

CTR IMG